成人式という人生の節目に相応しい写真屋を選ぼう

カメラ

人生一度の思い出

男の子

ノリノリな娘とお姉さん

我が家の娘がついに3歳を迎え、近くの写真館へ七五三の写真撮影へ行ってきました。個人で経営されているような写真館ではなく、全国規模で店舗を構えられている写真館にお願いしました。七五三を迎えたとはいえまだ3歳ということで、機嫌が悪くなってしまったら困るな、眠いとグズったらどうしようかな、などと少し不安に思いつつ撮影に挑みましたが、さすが写真館のお姉さん達は小さい子どもに慣れていらっしゃる。やはりプロですね。最初に七五三用のヘアメイクをして頂いたのですが、おもちゃで釣ったり言葉巧みに上手く娘のテンションを上げてくれて、娘は自分のヘアスタイルにうっとりしながらノリノリでヘアメイクを終えました。手慣れた手つきで七五三の着物を着せてもらい、娘は最後までノリノリのまま撮影を終わらせる事が出来ました。

撮影を振り返ってみて

今回七五三の写真撮影をして思ったのが、七五三の撮影は夏前にしておくべきだなという事です。我が家は8月半ばに写真撮影をお願いしたのですが、既にその時には日焼けしてしまっていてお顔が真っ黒でした。やはり日焼けが薄くなってから撮るべきだったかなと思いました。でもプロの腕のお陰なのか、出来上がった写真を見ると実物より日焼けしているようには見えなかったのがとても救いでした。これには本当に感謝です。そこもやはり、大きな写真館で腕の良い方に撮影してもらえたお陰だろうと思いました。それと、小さい子どもの撮影は夕方ではなく午前中が良いなと思いました。予約時には何も考えずに午前中を選択していたので良かったのですが、夕方になると1日の疲れが出てきていて眠くなってぐずってしまっていたかもしれません。お昼寝をしない年齢のお子さんなら、夕方でも良いと思います。